育毛剤に含まれている人工成分と天然成分

育毛剤には様々な成分が含まれていますが、病院で処方される内服薬に含まれたような
人工の成分が含まれていると効果は期待できます。

育毛剤の成分

しかし稀ではありますが、例えば頭皮の痒みやかぶれだけでなく
頭痛や吐き気、めまいなどの症状を覚えることもあり
ひどい場合は男性にとっては重要な性欲減退などの副作用が起こることもあるようです。

 

そのためお肌が弱い人、育毛剤を初めて使う人には天然の成分が含まれた育毛剤であれば安心して利用できます。

 

 

使い始めてから効果が出るまでに時間がかかることはありますが
お肌に優しいので副作用の心配はほとんどありません

 

ただし、天然の成分に対するアレルギーを持つ人は注意が必要です。

 

薄毛を改善したいと思って育毛剤を使っても、副作用で体調を崩してしまっては意味がありません。

 

心配な点がある場合は医師に相談すること
そして含まれている成分でアレルギーが出ないかを事前にパッチテストを行い、自分にあうものかを確認しましょう。

無添加の育毛剤とは

育毛剤に限らず、シャンプーや化粧品
もしくは食品も「無添加のものが体にいい」と思っている人は多いのではないでしょうか。

 

育毛剤の場合、パラベンなどの防腐剤や合成ポリマー(シリコン)が入っていると無添加とは言えず
頭皮に必要なある程度の皮脂を落として常在菌を死滅させてしまいます。

 

無添加育毛剤

このような添加物が入ってることで育毛剤が長持ちしたり

効果を早く得られる可能性はありますが、頭皮の乾燥を招きかえって抜け毛が進行する可能性もあるのです。

 

育毛剤には「無添加」と書かれているものもありますが
実際には法律で決められた100種類程の成分が入っていなければ無添加と名乗ることができるので
他に有害な成分が入っている可能性もあるのです。

 

できるだけ無添加で天然の成分で作られた育毛剤を使いたいものですが
見極めは難しいと思いますのでよく考えて選ぶようにしたいものです。
気になる育毛剤がある場合、インターネットの口コミも大変参考になりますので購入する前に一度チェックしてみてください。